画像
板金塗装大牟田・車検・修理・板金・ウォーターポンプ交換

エンジンの方からガラガラと音がします。修理事例

修理事例 ウォーターポンプの交換

 修理事例 ウォーターポンプの交換

クラウンにお乗りの、荒尾市にお住まいのお客様から、エンジンの方から僅かですがガラガラと音がします。ということでご来店されました。

原因として考えられるのは、回転している部品からの摩擦による異音です。

ウォーターポンプは、タイミングベルトを交換するときに、一緒に交換してしまう部品ですが、現在の車の多くは、タイミングチェーンになっているため、水漏れや異音を発しない限り交換はしません。

ウォーターポンプというのは、エンジンを冷却させるために循環している冷却水を、効率よく送る装置です。

この装置が壊れてしまうと、エンジン内に冷却水がうまく循環せずに、オーバーヒートをおこしてしまいます。

オーバーヒートになると、エンジンは停止してしまうため、重大な故障となってしまいます。

他に回転機器の異音を発するものとしては、テンショナー、ダイナモ、クランクプーリー、パワステなど、回転している場所には必ずと言っていいほどガタが出ます。

今回の修理は、オートテンショナーとウォーターポンプの交換となりましたので、44200円(税抜き)での修理となりました。

みなさんも一度、車の音楽を消して走行してみてください。

違和感のある音は、異音かもしれませんよ。

安心板金・修理の他のページ











Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!